保険見直し相談のタイミングは?時期はいつがいい?

保険を見直すタイミングとは?

保険に加入しているが、今の保障内容が本当に足りているのか不安に感じる方も多いのではないでしょうか?

保険はライフプランに合わせて保障内容を変えていく必要がありますが、どのタイミングで見直すべきかわかりにくいのも現状です。

そこで今回は保険の見直しタイミングはいつがいいのか、どのように見直すかについてお伝えしていきます!

 

保険見直し相談のタイミングはいつがいい?

保険を見直すタイミングを理解しよう!

保険見直しタイミングはいつがいい?

保険はライフプランを見据えながら定期的に見直す必要があります。

独身時代は自分に必要な保障を考えるだけでよかったですが、結婚後は自分も含め家族に必要な保障も考えなければなりません。

特に結婚後は新たに家族が増えるなど、ライフプランが大きく変わることがあります。

 

保険の見直しタイミングは、結婚後、妊娠時、出産後の3回されることが理想とされています。

以下で詳細を見ていくことにしましょう。

 

結婚後

結婚後の保険の考え方はライフスタイルにより、大きく二つに分けられます。

 

・夫婦共働きの場合

共働きの場合であれば独身の時の保障内容から大きく変更する必要はないでしょう。

お互い働いているため、どちらかに万一のことがあっても家計への影響は少ないと考えられます。

 

ただし共働きでも奥さんがパートで働いており、その収入だけでは生活することが難しい状況であれば、保障内容を見直す必要があります。

その場合支出の現状を把握し、どの程度の保障が必要か検討してみましょう。

 

・夫婦方働きの場合

どちらか一方の収入に頼るライフスタイルならば、保険の見直しは必須です。

もし主に働かれている方に万一のことがあった場合、収入がゼロとなり生活することができなくなる可能性があるからです。

 

しかし主に働かれている方が会社員であるならば、社会保障制度を利用できることもあり、保障内容を手厚くし過ぎないことも大切です。

会社員で健康保険に加入されていれば、入院などで働けなくなった場合、傷病手当金を受給することができます。

参考:全国健康保険協会 病気やケガで会社を休んだとき

 

傷病手当金とは、会社員の方が病気やケガで会社を休んだ場合、一定の条件を満たせば手取り収入の6割~7割を受給することができます。

そのような社会保障制度を利用しても足りなければ、保険に加入するようにしましょう。

 

妊娠時

妊娠時の女性の体はとてもデリケートな状態になり、妊娠時特有の病気になることや、異常分娩などになった時の手術代など急な医療費がかかることがあります。

そのような場合に備えて、女性に特化した医療保険を検討してみましょう。

 

妊娠時には妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病などの特有の病気にかかる可能性があり、そのような場合に備えるために、女性特有の病気に備えた医療保険が販売されています。

また帝王切開は治療と判断されるため公的保険が適用されますが、自然分娩の場合は治療でないため公的保険が使えず医療費は10割負担となります。

女性特有の病気に備えた医療保険はそのような場合にも保障されるため、妊娠がわかった場合に加入を検討してみましょう。

 

出産時

無事にお子さんを出産されて一安心、といきたいところですが新しい家族が増えたタイミングで保険の見直しは必要です。

保険は家族に対し、経済的な負担をかけないために加入するものですので、家族が1人増えるごとに保険の見直しを行っていきましょう。

 

近年は大学全入時代といわれ、大学まで通うことが一般的になりました。

子どもを大学まで通わせようとする場合、幼稚園3歳から全て公立に通った場合でも約540万円、全て私立に通った場合は約1,770万円もお金がかかります。

参考:文部科学省 平成28年度子供の学習費調査

 

一般的には子どもが22歳(大学卒業時)まで教育費や生活費など必要な保障を確認し、保険期間や保険金額を見直す必要があるでしょう。

その際毎月の保険料についても考える必要があり、無理のない範囲で保険の加入を検討していきましょう。

たとえば生命保険でも終身保障タイプの保険は支払い保険金額が高くなる傾向がありますが、収入保障保険であれば時間の経過と共に保険金が減るため、毎月の保険料を抑えることも可能です。

 

 

保険見直し相談のタイミングにまつわるQ&A

保険見直し相談について知っておこう!

保険見直し相談について知っておこう!

保険を見直すタイミングがわかったところで、実際に保険の見直し相談を行いたいところですが、どこでどのように相談できるのでしょうか?

実は最近、様々な種類の保険を取り扱い、提案までしてくれる相談窓口がいくつもあります。

そのような保険見直し相談の窓口を活用する上で、よくある質問を見ていくことにしましょう。

 

①相談だけで申し込みしなくても大丈夫?

実際に保険に加入せず、保険の見直し相談だけでも大丈夫です。

このような相談窓口にはライフプランナーのような専門家がいますので、今後のライフプランについて相談だけすることも可能です。

現状をしっかり把握し、将来の様々な事象に備える方法を見つける機会として活用することができます。

 

②どのような場所で相談するのがいいの?

来店型の相談窓口が多いですが、自宅に訪問してもらうことも可能です。

またそれ以外にもカフェなどでも可能で、ご自身が落ち着いて話ができる環境で行うことが可能です。

その際はお金の話をするため、隣の席との距離があることや静かで落ち着いた雰囲気の店を選ぶといいでしょう。

 

③相談する前に準備しておくことは?

特に事前準備をしなくても相談を行うことは可能ですが、貴重な時間を効果的に使うためには事前準備をした方がいいでしょう。

可能であれば以下の二つについて準備しておくと相談の時間を有効活用できます。

 

・今後のライフイベントの洗い出し

結婚式や新婚旅行、子どもの進学などわかる範囲のライフイベントを挙げておくと相談もスムーズに行えます。

ライフイベントの数や種類によって、必要な保障額も変わるので可能な限り把握しておくといいでしょう。

 

・家計簿で支出の記録

1ヶ月で構わないので家計簿をつけてみるといいでしょう。

保険で必要な保障額は、毎月の支出額によって大きく変わります。

そのため、「食費は毎月〇円」、「交際費は毎月〇円」など概算でもいいので、どのような内容にどれくらいお金を使っているか確認しておくといいでしょう。

 

 

悩んだときが保険見直しのタイミング!当サイトで申し込みが多い3社

保険の相談ができる窓口を比較しよう!

保険の相談ができる窓口を比較しよう!

保険見直しラボ

全国70拠点以上あり、こちらから場所を指定すれば担当者が来てくれます。

またイエローカード制度といい、無理な勧誘や不快な思いをされた場合は担当者変更を申し出ることが可能です。

今後のライフイベントを見据えて的確な提案をしてくれるため、場合によっては保険を減らす提案をしてもらうこともあります。

保険見直しラボ

 

保険見直し本舗

全国250店舗以上の拠点があり、40社以上の保険会社の商品を取り扱っています。

基本的には来店型ですが、場所を指定すれば担当者が来てくれます。

また全社員に対し、しつこい勧誘行為を禁止しており加入後のアフターフォローも手厚いことが特徴です。

保険見直し本舗

 

ほけんのぜんぶ

全国47都道府県で相談を受けられます。

32社の保険会社から保険商品を比較でき、担当者のファイナンシャルプランナーの資格取得率も97%と経験豊富な担当者も多いです。

相談は何度でも無料で、自宅や勤務先など指定の場所に来てもらうことができます。

ほけんのぜんぶ

 

 

保険見直し相談のタイミングまとめ

ライフイベントの変更と共に保険も見直そう!

ライフイベントの変更と共に保険も見直そう!

保険は加入してから一度も見直したことがない、という人は意外に多いです。

そのような場合、万一のことがあった場合に必要な保障が受けらないことがあるかもしれません。

そうならないためにも、ライフイベントの変化点が発生した都度保険の見直しをするようにしましょう。